トップ

求人応募の電話の注意点

求人の審査は電話から

転職支援

求人応募と電話の掛け方

求人情報誌や店頭の張り紙などを見て電話で応募する際に大切なのは、電話を掛けた時点から審査が始まっているという点に注意をしなければいけない事です。見ず知らずの方と話をするのは緊張しますが、社会人として相応しい敬語が使えないとその時点であまり良い評価を得る事は出来ません。企業に関しては、ホームページがあれば一通りチェックをしておき、不明な点は質問をする事も出来ますが、その際に注意したいのは給与や休日に関する質問は避けるという事です。仕事内容よりも待遇の良い求人を探しているのかという印象を先方さんに与えてしまいますので、面接の段階では聞かれた事にだけ答えるようにしたい話題です。

応募先の企業に電話をする時

私は、高校卒業してから色んな企業でアルバイトや、正社員で会社勤めを経験して参りました。どんな状況で、どんな場所から応募先の企業に電話をかける時は、本当にいくつになっても緊張をしてしまうものです。ハローワークで検索をして、興味の有る企業に応募をする際は、自分で問合せをするのではなく、相談員さんが応募者に代わって電話で問合せをしてくれるかか緊張をする事は少ない。でも、ハローワークでなくて、求人サイトで自分で問合せをする際は、かなり緊張してしまい、おかしな日本語を知らず知らずにして使ってしまった事に対して恥ずかしさを覚えてしまった事もかなり有ります。求職中の方は、頭痛いと思いますが自分で問合せをする際は、落ち着いて緊張してない事自信をつけてから求人応募先に問合せをしましょう。

↑PAGE TOP